ちゃんと知ってる?アニメに命を吹き込む声優のお仕事

声優を目指すためには

みなさんは声優と聞いてどのような仕事を連想しますか?大抵の方はやっぱりアニメを連想しますよね。では、声優とは何かというと、声で出演する俳優のことです。そのため、アニメ作品への出演の機会が多いという印象がありますが、声優の仕事は何もアニメだけではありません。海外ドラマや洋画の日本語吹き替えや、ナレーションでの出演など多種多様です。では、声優になるために資格は必要かというと必要ありません。実力さえあれば声優への道も開けるということです。しかし、俳優と違って声のみで表現をしなければならないため、声での演技力や表現力を重点的に鍛える必要があります。また、役作りのために台本や作品から確りと読み取ることができるよう読解力も必要です。

専門学校や養成所で学べること

どのような内容が学べるかは、学校や専攻するコースによって異なります。しかし、基礎的なトレーニングはほとんどの学校で共通するようです。基礎部分では発声や発音の練習、表現や演技のトレーニングなどを学べます。学校によっては将来的にレコーディング現場で必要となる、アテレコやナレーション、インタビューの応答などの実習を受けることが可能です。オーディション対策に力を入れている学校もあり、基本的な履歴書の書き方や効果的な自己PRの書き方などが学べます。専門学校へ進むのではなく、養成所へ入るという選択肢もあります。ただし、入るためにはオーディションを受け合格しなければなりません。養成所では専門学校と違いレッスン時間が短いものの、より実践的な訓練を受けることができます。

© Copyright Voice Actor School. All Rights Reserved.